不妊治療なら高松市の自律神経専門整体K-styleにお任せください。不妊治療の他にも女性疾患(生理痛、更年期障害、子宮内膜症)も得意としております。

Call: 087-867-5311
ホルモンバランスは自律神経に左右されます!!

閉経前にホルモンバランスが崩れて、
様々な不快症状が出てくる更年期障害。
自律神経の異常がほとんどですから
当院の最も得意な専門分野になります。
特別な疾患がないのに、
ほてり、イライラ、突然汗をかく、動悸、倦怠感、不眠などが
自覚されるものを 「不定愁訴」 といいます。
不定愁訴は自律神経症状同様複数であらわれる
女性が性の成熟期から、老年期に移行する過渡期を更年期といいます。

特徴的なのは閉経で、月経周期が不規則になり、
やがて止まるまでの期間を更年期としてとらえられます。

年齢的には45〜55歳
閉経は平均すると51歳くらいといわれています。
この時期には、身体的、精神的にさまざまな不定愁訴(不快症状)が
あらわれますが、これが一般的に更年期障害といわれるものです。

首コリ、肩こり、背中や腰が痛む 疲れやすい
頭痛 足がだるい
めまい 便秘や下痢
耳鳴り 不眠
ホットフラッシュ(冷えのぼせ、ほてり) 神経質
落ち着かない、不安感、憂うつ感 ちょっとしたことでも気になる
動悸、息切れ ものごとを急ぐと頭が混乱する
のどのつまり 判断力が鈍る
消化器官の不調(胃腸、吐き気、食欲低下) 肌のかゆみやしびれ
恐ろしい夢を見る 関節痛
すぐカーッとして腹を立てる 手足のしびれ
尿漏れ
体温の上昇(エストロゲン(体温を下げる役割)が減少するため)

症状があらわれるのは半数以上が閉経前であり、
少数ですが閉経時、あるいは閉経後にあらわれることもありおよそ1〜3年くらい続きます。
40、50歳代以降に不定愁訴があると、ほとんどが更年期障害と診断されるようです。
血液検査で女性ホルモン(エストロゲン)が著しく低下していれば、
薬によるホルモン補充療法が有効とされています。
その効果は4割程度だそうです。
また、薬の副作用がつらい方も少なくありません。
残り6割の方は別の原因で不定愁訴があるようです。
女性特有の不定愁訴を総称して「血の道症」と呼びます。
主な原因は 「お血(おけつ)」 です。
つまり、血液の汚れが溜まっている状態で、細胞の新陳代謝も低下します。
それが、身体面、メンタル面の両方に影響して、様々な不定愁訴となって現れます。
自律神経、ホルモン、体温、血圧、睡眠、感情などの中枢は全て「脳幹」にあります。
ホルモンは自律神経に大きく左右されます。
症状は複数あらわれますが、調整箇所は自律神経のバランスを整えるのみです。
また自律神経が乱れる原因は多くあります。
ストレス、感情、トラウマ、生体内異物(ウイルス・菌・虫・重金属・放射線・
アレルゲンなど)食生活など。
自律神経が乱れる原因を除去していき、自律神経が働きやすい体内環境にすることで
ホルモンバランスが整い、更年期障害も軽減していくでしょう。

*うつ症状により精神安定剤を服用している方は時間がかかります。
※趣味や仕事を持っている方は更年期障害の不定愁訴も比較的軽いようです。
・肉類、香辛料、砂糖、チョコレートは控える。(興奮性の食べ物)
・ユリ根、シソ、レンコンを摂取する。

更年期障害の不定愁訴でお困りの方はぜひ当院にご相談ください。
きっとあなたのお役に立てると信じています。
Call: 087-867-5311
営業時間 8:30〜19:00
祝祭日
8:30〜12:00 × ×
15:00〜19:00 ×
〜15:00
× ×
 土曜:〜15:00
定休日 / 火・木 午後、祝祭日