不妊治療なら高松市の自律神経専門整体K-styleにお任せください。不妊治療の他にも女性疾患(生理痛、更年期障害、子宮内膜症)も得意としております。

Call: 087-867-5311
妊娠力をUPするには、心と体のバランスを整えることが近道です!

人間は本来、子孫を繁栄していくために
妊娠する能力は高いものを備わっています。

現代社会でのストレス、
食事(添加物、糖質過剰など)、
生体内異物(ウイルス、菌、虫、重金属、放射線)、
ミネラル吸収率低下など様々な影響を受けて
体の機能が低下しているため、不妊症で悩まれる
ご夫婦が増えているようです。

また、不妊は女性だけの問題ではなく、
精子の奇形や質量の低下が原因の事も多々あります。
今では男性、女性 5:5 の割合と言われています。

お子様を授かるには、ご夫婦の身体のメンテナンスが近道になります。
当院では不妊症と病院で診断された方が
多く来院されていますが、自律神経を整えるだけで
妊娠率84%という結果になっています。

特に問題がないと言われているご夫婦から、
婦人科疾患を抱えている方、精子の運動量や質量が
低下している方など様々な方がいらっしゃいます。

皆さんホルモンバランスの乱れを指摘され、
気にされていますが、
ホルモンバランスは自律神経に大きく左右されます。

ホルモンは血液に乗って標的器官に到達しますから、
血流不足や冷え性の方は、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

そして、血流不足や冷え性は自律神経の乱れから起こります。
自律神経には、交感神経と副交感神経がありますが、
実はもう1つ社会神経というものがあります。

社会神経の発達で霊長類は寿命を伸ばし、
高度な情報処理やグループ行動が可能となりました。

現代人は、交感神経の緊張と社会神経の乱れが目立ちます。

交感神経の緊張は、首コリや肩こり、手足の冷えが特長であり、
社会神経の乱れは人に会うことでストレスを感じやすくなります。

ほとんどの方がストレス耐性の低下から血流障害を招き、
首コリ、肩こり、手足の冷え、婦人科疾患、不妊症となっています。
当院では不妊症の根本原因は大きく分けて3つあると考えています。


ストレスが過剰に蓄積しますと交感神経の緊張から
血流障害を招き、ホルモンバランスを乱します。

卵子の老化や排卵障害、子宮内膜の薄さの根本原因はストレスです。

自覚しているストレスから潜在しているストレスに気づき、
除去・適応していくことで血流が回復しホルモンバランスが整います。


今、環境の悪化が叫ばれていますが、私たちを取り巻く環境の悪化は、
そのまま体内に反映され溜まります。それが「毒」です。
当院ではそれを「生体内異物」と呼んでいます。

「生体内異物」とは化学物質・ウイルス・菌・虫・重金属・放射線など
生体内異物は脳に誤作動を起こし、動脈を緊張させます。

その結果、血流障害とホルモンバランスの乱れを引き起こします。


東洋医学では感情と内臓がリンクしています。
肝臓なら怒り、腎臓なら恐怖や不安。
生まれてから今日まで様々な感情を抱いてきたと思います。

感情が時間の経過とともに解放されていれば問題ありませんが、
抑圧されていますと感情に対応した内臓の働きが低下します。

「器質性不妊」は不妊の原因が明らかです。
器質性不妊の多くは病院での治療によって解決する可能性があります。

一方「機能性不妊」は不妊の原因が不明で、医学的な治療方法が無いケースです。

機能性不妊は当院の最も得意とする分野です。

また器質性不妊であっても病院の治療を継続しながら当院でのケアを行うことで
早期に改善するケースが多々あります。

人工・体外・顕微授精をお考えの方は、予定日までに身体を整えておくことで
着床しやすい体内環境を目指します。
・生理痛・生理不順
・子宮トラブル(子宮筋腫・子宮内膜症など)
・卵巣トラブル(排卵障害・卵管閉塞・多嚢胞性卵巣症候群など)
・男性疾患(造精機能障害・性機能不全など)

卵子の成熟と排卵は脳の視床下部と下垂体という場所からのホルモン分泌で行われます。
卵子の老化や排卵障害も脳の機能が大きく関与しています。
ストレスや感情、生体内異物の影響を整えることで脳からのホルモンバランスが整います。


卵子の成熟と共に赤ちゃんのベッドになる子宮内膜が厚くなります。
子宮内膜を厚くさせるのは卵巣からの卵胞ホルモンの分泌によるものです。
卵巣は腸や大腰筋(インナーマッスル)の影響を受けやすい器官です。
腸内環境や大腰筋と関連する腎臓を引き上げることで卵巣の状態が整います。


卵管膨大部で受精し4〜5日かけて子宮内膜へと移動します。
子宮内膜が厚くフワフワになる事で受精卵を包み込み、
いわゆる赤ちゃんのベッドになります。
赤ちゃんが育ちやすい環境にするのは、卵巣からの黄体ホルモンです。
引き続き腸内環境と腎臓を引き上げることで妊娠成立の維持を目指します。


ストレスの蓄積や感情の抑圧は、体全身の血流を低下させます。
当然ながら精子の質量にも影響がありますので、ストレスをうまく発散できるよう
心がけましょう。
うまくストレスと付き合えない方は当院での調整でストレスを除去致します


東洋医学では生殖器は腎に支配されています。
腰痛や精子の質量、不安・恐怖といった感情も腎の影響を受けます。
他には白髪、耳鳴り、骨の状態も関係します。
腎を引き上げることで質量の良い精子が生成されます。


男性のDNAに組み込まれている闘争本能によりプライドが高いといった特徴があります。
義務的なSEXはマイナスの感情を抱き、性欲が低下してしまいます。
それでも仕方のない状況もあると思います。
そんな時は当院でマイナスの感情を調整いたします。



不妊症でお悩みの方は時間を気にされています。
年齢的な問題、人工授精、体外受精、顕微受精、助成金のことなどで
焦る気持ちも理解できます。

あなたの気持ちも優先しながらサポートさせて頂きます。
Call: 087-867-5311
営業時間 8:30〜19:00
祝祭日
8:30〜12:00 × ×
15:00〜19:00 ×
〜15:00
× ×
 土曜:〜15:00
定休日 / 火・木 午後、祝祭日